グラビア印刷機用制御システム

S Package
Gravure

S Package Gravureシリーズは包装材の生産効率を飛躍的に向上するさまざまな機能を搭載した、セクショナルグラビア印刷機用の制御システムです。 キーコンポーネント、制御ソフト、信号インターフェイスをパッケージ化しており、Smart(多機能な)制御システムをSimple(簡単)に構築できます。

特長

1. 刷り出し、紙継ぎロスの削減機能

刷り出し時及び紙継ぎ時の見当収束時間を短縮する機能です。 当社独自のアルゴリズムにより、前段の見当操作が後段に与える影響を最小化します。 また、セクショナル制御のメリットである初期見当あわせ時間の短縮も、ロス削減のお役に立ちます。

刷り出しロス削減例 従来方式(コンペンセータロール制御)
S Package Gravure方式(コンペンレス・非干渉制御)
紙継ぎロスの削減例 (2U入口に外乱印加しシミュレーション) 従来方式
S Package Gravure方式

2. 追刷り機能

転写フィルム、アルミ蒸着食品包装等のオフライン・再印刷加工に必要な追い刷り機能を搭載。 見当を合わせたスプライスによる連続生産にも対応しています。

3. インライン加工制御機能

インラインでグラビア印刷とそれ以外の加工が同期したシステムを拡張することができます。 部分印刷用のバリアブルフレキソ輪転機、ロータリーダイカット、シートカッタ等の位置検出をグラビア印刷用の見当検出器を1チャンネル増やして共用することができます。

4. 色飛ばし・捨て版

セクショナル制御では、任意に色飛ばしができるのでユニットの色固定化に適しています。 本システムではニップ間の長さと色間の長さを個別に演算して制御に反映させるので、中間ユニットの休止や捨版に対しても常に最適の制御を行うことができます。

5. 裏刷り(逆パス)機能

各ユニットの回転方向を任意に変えられるのもセクショナル制御のメリットですが、本システムでは裏刷りで印刷ユニットのパスを逆に通しても、パス長を切り替えて正パスと同様の位置制御、見当制御が行えます。

6. コーターモード

グラビア印刷ユニットを塗工機として使用する場合、セクショナル制御はフレキシブルに対応できます。 各ユニットが個別に駆動されるので、塗工ロールの径が印刷ロールと異なっていても、周長の設定で同調させることができます。 またロールを逆転させて、リバースで塗工することも可能です。



カタログダウンロード


お問い合わせ メカトロニクス事業部 営業部 ドライブシステムG