TECH INFORMAITON

技術情報

System MXs

独自のパラメータ調整をタッチパネル操作で実現

駆動制御システム「System MXs」では、タッチパネル式の操作HMIを用いて、パラメータ等の調整作業を行うことができます。
パソコンや専用の調整ツールを必要としない為、試運転等の調整作業を効率化します。

  • HMI
  • 駆動制御システム
  • スケーリング
  • データモニタリング
  • グラフ化
  • 効率化
  • 省力化
  • 工数削減
  • 時間短縮
  • 視覚化

当社駆動制御技術をタッチパネル上に視覚化

System MXsでは、タッチパネル式の操作HMIを用いて、パラメータ等の調整作業を行うことができます。メイン画面に表示する項目は使用者のご要望によりカスタマイズ可能です。最大軸数やモータ容量は、当社からの納品時に初期設定しております。

操作HMIでは、制御に使用する軸や制御方法の選択、ロール径・ギア比・モータ最大回転数といった機械定数の設定、ダンサーや電空変換器のスケーリングといった調整等を行うことができます。

<操作HMIによる調整内容一例>

制御軸・制御方法の選択

使用する軸・しない軸のON/OFF切り替えや、各軸の制御方式を「比率制御」「張力制御」「ダンサー制御」から選択できます。また、速度マスタとする軸も自由に設定できます。

各軸の機械定数の設定

軸ごとの最大径、最小径、ギヤ比、モータ回転方向、モータ最大回転数などを設定できます。

モータ単独運転

軸ごとにモータ単独運転を行うことで、モータの速度や回転方向などを確認することができます。

ダンサー・電空変換器のスケーリング

ダンサー調整は、機械側のダンサーを張り限や弛み限に動かし、画面上のアイコンをタッチするだけでスケーリングが完了します。電空変換器は設定張力とその時の印加電圧を入力し、実際の張力を計測しながら微調整を行うことでスケーリングが行えます。

張力検出器のスケーリング

張力検出器は、基材を通していない状態(ゼロ張力状態)と、実際に検出器に張力をかけた状態(例えば最大張力状態)でそれぞれタッチパネル上のアイコンをタッチするだけでスケーリングが完了します。

パラメータ確認(ゲイン調整)

設定したパラメータをセクションごとに確認することができます。制御ゲインの調整もこの画面で行えます。パラメータはHMIのCPU内や外部記憶媒体へバックアップするこも可能です。

高速データモニター搭載

System MXsでは機械の運転中、HMI上で速度、トルク、張力、ダンサー位置の現在値などを5msec周期でグラフ表示することができます。スケールバーも搭載しており、グラフ上で指定した箇所の各数値を確認することができるので、装置の状態や搬送状態の確認などもHMI上で容易に行えます。また、60sec間分の収集したデータをcsv形式やbin形式ファイルでHMIのCPU内に保存できます。保存したファイルをPCへ移行すれば、データの詳細な解析なども可能です。

MAIL
MAGAZINEメールマガジン登録

PRODUCTS
INQUIRY製品お問い合わせ