SOLUTION

ソリューション

System MXs

小型・狭幅のRoll to Roll 搬送装置向けの駆動制御システムを手軽に構築

ドライブシステムでは、小型・狭幅装置に特化した駆動制御システム「System MXs」を開発しました。プロの制御技術をお客様で手軽に実現可能であり、ソフト設計などの社内工数の削減にも貢献します。各種業界における市場背景を踏まえて、「Systems MXs」がどのような装置に導入可能かユースケースを紹介します。

  • 駆動制御
  • パッケージ化
  • HMI
  • 高精度化
  • 効率化
  • 省力化
  • 工数削減
  • 省スペース

お客様の課題

  • Roll to Roll 搬送装置を大型(構造が複雑、カスタマイズ性が高い)と小型(リピート、量産)に大別した場合、小型装置の駆動制御システム構築は、装置メーカー様が自社で対応されている場合があります。
  • その場合、駆動制御における課題としては、「手間の削減」や「省スペース化の実現」といったことが挙げられます。
  • System MXsではこのようなご要望に対応しつつ、高精度搬送の実現が可能です。

解決したこと、できること

発注(事前打合せ)の簡素化   ソフト設計工数の削減     調整期間の短縮
トラブル発生時の自己完結    顧客ニーズに合わせた設計   装置の省スペース化
など

ユースケース

①テストコータ・汎用コータ設備

5G関連部品や電気自動車向け素材など、製品の高機能化により、コーティングの基材や塗工材料、塗工手法は多種多様化しています。テストコータ等による生産検証を行う場合、省スペース化の要望がある一方で、高精度搬送の維持は欠かせません。

■ 高精度搬送も維持しつつ、省スペース化も実現

大手装置メーカー様では、モータ取付軸10軸以下で構成されるような小型のRoll to Roll搬送装置の駆動制御は、自社で設計を行っている場合があります。System MXsでは、パッケージ化されたソフトによって駆動制御設計に手間が掛からず、かつ高精度搬送を実現します。また、基材パスによって各軸の制御方向や制御の順番が変わるコータ設備における運転調整も、タッチパネル式のHMIで容易に実現可能です。

②ロールプレス

二次電池や回路基板材料等の生産において、材料の圧着工程ではロールプレス機の導入が必須です。圧着の精度が製品性能に影響する為、ロールの高い機械精度と、装置の高い搬送精度が求められます。需要に合わせた機械製作の為には、駆動設計の効率化が必要です。

■ 容易に安定搬送を実現し、年間生産台数アップに貢献

例えば二次電池の電極材においては、ロールプレスによる圧縮精度が電池の性能やサイズのバラつきに大きく影響する為、塗布された電極材を均一にプレスする必要があり、ロールそのものの高い機械精度と、基材の高い搬送精度が求められます。System MXsは、「前段・後段の工程との同期」及び「速度・張力変動の抑制」など、基材の安定搬送をプリインストールされたソフトで容易に実現します。駆動制御システム構築の効率化を図ることで、機械の年間生産台数アップに貢献します。

③スリッター

市場需要の多様化により、スリッター機にも「あらゆる材料や幅への対応」や「ロスの最小化」、「自動化」など多種多様な仕様が求められております。過去の仕様を流用した効率の良い機械設計はもちろん、駆動設計の効率化も必要です。

■ 完成度の高い機械の早期立ち上げのために、システム構築の時間短縮

スリッターメーカー様においては多種多様な仕様に対応する為、刃の選定やせん断深さの調整、端面の品質維持、巻取リールの選定といった様々なノウハウを蓄積しておられます。しかし仕様が多種多様なあまり、一から設計を行うと膨大な時間が掛かるケースもあります。System MXsは、異なる機械仕様においても容易に駆動制御システムを構築し、「巻シワや巻ズレの抑制」を実現します。また、過去の類似仕様のパラメータの流用も可能です。スリット加工のノウハウを最大限に活かすため、駆動制御設計にかかる時間を短縮します。

MAIL
MAGAZINEメールマガジン登録

PRODUCTS
INQUIRY製品お問い合わせ